サウンドクオリティーは千葉県千葉市にある
     カーオーディオの専門店です。

電話でのお問い合わせは043-441-6391

カーオーディオとカーセキュリティーはサウンド クオリティーへ

ツィーター加工埋め込み施工







まず、ツィーターとは・・・高域の音を出す担当のスピーカーです。
セパレートスピーカータイプではそのツイーターが別体になってます。
(ツィーターが一体になっているスピーカーはコアキシャルタイプになります。)

わざわざ別体なっている訳は・・・
車のスピーカーは基本ドアに付いているので足元の高さで音が出ます。
高域を出すツィーターを耳の高さまで持って来れる事と、
角度など自由度が増すことにより定位(音の高さ)が上がるので
より聴きやすく音質アップが図れると言う事です。





ツィーターが出す高域の音は耳に届く角度、高さ、固定方法によって大きな影響を受けてしまいます。
またガラスや内装パネルの反射にも悪影響を受けてしまいます。

そこでサウンドクオリティーでは車の中でよりベストな取り付け方法は
ワンオフのAピラー埋め込みではないかと思います。
その理由は以下の理由が考えられます。

 場所  ダッシュボード上
(ツィーター付属アタッチメント使用)
 ミラー裏埋め込み加工取り付け  Aピラー埋め込み加工取り付け
 画像    
 メリット 取り付けが簡単
加工が無い
工賃がかかからない
 しっかり固定できる
左右の幅が広くなる為
音場が広くなる
ステレオ感が増す
見た目が良い
パテの重量増による取り付けで
しっかり固定できる為、安定する
理想的な高さ、角度にできる
反射の影響が少ない
定位が出しやすい
見た目の満足度が高い
 デメリット  高さ調整ができない
ダッシュボードやガラスの反射を受ける
しっかり固定できない
見た目がポン付け
配線が出てしまう
純正ミラー裏パネルの加工 
車種によりリスナーに近すぎる
取り付け角度の自由度が無い
ガラスの反射を受ける
加工工賃がかかる
車種によってこの場所がが無い
 純正Aピラーの加工
加工工賃がそれなりにかかる





Aピラー制作工程のおおまかな1例です






(参考価格)
 ミラー裏埋め込み加工  Aピラー埋め込み加工
(ピラーストレートタイプ)
 Aピラー埋め込み加工
(ピラー2股タイプ)
 LEDリング追加
 
 左右 ¥29,800-(税抜)  左右 ¥39,800-(税抜) 左右 ¥49,800-(税抜) 追加2か所 ¥9,800- (税抜)
上記は基本の参考価格です。
車種、ツィーター、加工方法、仕上げ方法などにより価格が変わる場合があります。
LEDリング追加の配線作業代は別途になります。
作業日数等、詳しくはお等合わせください。